消費者金融の中で規制緩和により不公平が生まれる?

消費者金融のカードローンは融資限度枠に総量既成の影響があり、大手企業の正社員のように信用がある人は銀行のカードローンを選びがちでした。
これでは不平等だと言れていましたが、最近このような規制をなくす規制緩和ができると言われています。
これで銀行との差はなくなると言われていますが、同時に上限金利の引き上げも規制緩和の中に含まれています。
上限金利の引き上げは、リスクの高い顧客を相手にしている割には金利が低いと言われていたので、今までは融資不可としていた人にも融資の余地ができたことになります。
消費者金融の経営の健全化につながる規制緩和ですが、1点問題があります。
規制緩和の対象が事実上大手に限定されていることです。
そのため中小消費者金融は切り捨てに合ってしまうことになります。
新しい不公平が発生してしまったのです。
みずほ銀行カードローンパート・アルバイトも借りれる?【即日審査】